DX推進指標とは?活用方法・メリット

解析人材育成

リテラシー講座

DX推進を内製化する上で最初の壁となる「AI・DX人材の不足」。オンライン化が前提となり、職種・役職問わず、全社員にデジタルリテラシーが求められています。講座受講により社内のリテラシーを高め、さらに現場視点のアイデアを吸い上げ収益化につなげます

簡易企業診断サービス

本格的な企業診断を通じて、企業の現状を把握できます。実態を踏まえた本質的なDX構想案の策定ができます。
※一部短期間で簡易的な企業診断(無料)もご用意

収集

CC-BizMate

勤怠管理クラウドサービスCC-BizMateは出退勤管理・勤怠管理・労務管理・工数管理・プロジェクト管理・在宅勤務・テレワーク勤務など「人事総務部門に寄り添う」サービスです!

CC-Smart

CC-Smartは、カラ予約の防止、議事録の録音、きめ細やかな通知機能など「会議のムダ」 「会議室のムダ」を省くことで生産性向上をサポートする会議予約システムです。

WebNESTEE STAMP

WebNESTEE STAMPは、書式にこだわらない出社せずにハンコ付き書類が作れるサービスです。事前に書式を準備する必要がなく、Excel、PDF、画像データを指定経路に回覧し、承認ができます。手続きや承認に時間や余計な手間をかけず、本来の仕事に集中できます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

groWiz

MS PowerPlatformサービスを用いたgroWizスタートアップ、アイデアサポート、オーダーメイド、テクニカルサポート等、ニーズに合わせたご提案をいたします。

OCVS構築支援サービス

クラウド環境向けに大幅な設計変更をすることなくクラウドリフトを実現し、Oracle Cloud Infrastructure上でこれまでと同じ操作方法のまま VMware 製品のツールを利用することができます。オンプレミスで運用しているVMwareの仮想サーバーをそのままOracle Cloud環境へ移行することも可能です。

活用・分析

CC-Dash AI

CC-Dashは、AI技術を活用したコンサルティングサービスとPoCサービスをご提供しています。
お客様のビジネス課題を解決するために、専門の技術チームがヒアリングからPoCまでの一連のプロセスをサポートいたします。

小売業向け CC-Dash AI

数多くのデータに数理的な処理を用いることで、将来の需要量、在庫量の予測が可能です。
小売業にAIを導入することにより、労働者不足問題の解消、属人化の防止、適正な在庫管理などに役立てられます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

Data Knowledge

Data Knowledgeは、30年に渡り使用されている国産のBIツールです。多彩な分析レポートで「経営の見える化」を促進し、分析ノウハウ共有機能で全社の分析レベルをアップ。データ・リテラシーの向上につながります。

BIスターターパック
by Tableau / by Oracle Analytics Cloud

Tableau は、クラウドベースの分析プラットフォームです。誰とでもデータからの発見を共有することができます。同僚やお客様を Tableau Cloud に招待し、インタラクティブなビジュアライゼーションと正確なデータを共有すれば、潜んでいるチャンスを探し出すこともできます。

CC-MicView

クラウドに経営ダッシュボードを構築し、自社およびグループ各社の経営情報を見える化。リアルタイムデータ活用によるスピード経営の実現と会議資料作成時間大幅削減!

ADB移行支援サービス

Oracle Autonomous Database(ADB)とはオラクル社の提供している高性能かつ運用負荷を限りなく軽減する自律型のデータベース・クラウド・サービスです。移行をすることで、利用時間に応じた課金体系で優れたコスト・パフォーマンスを実現します。

groWiz

リーズナブルなBIツール「PowerBI」による活用を中心としてお客さまの環境に合わせた柔軟なご提案が可能です。

保守

CC-Dashの保守サービス

BI導入後、ツールを最大限に活用することをサポートします。約25年の実績で安心と信頼の“保守サービス”。
お客様のビジネス状況に応じたQA対応~システム運用まで幅広くトータルサポートを提供し、社内のエンジニアの稼働時間を年間330時間削減!

BIサポート定額オプションサービス

せっかくBIツールを導入してもうまく活用できない。そんな方のためにユーザー利用状況分析レポート、システムヘルスチェックレポートなどを通して、安定したシステム活用を目指すサービスです

はじめに
DX(デジタルトランスフォーメーション)の重要性
デジタルトランスフォーメーション(DX)は、企業が競争力を維持し、成長するために必要不可欠な戦略です。デジタル技術の導入と活用により、業務プロセスの効率化、新しいビジネスモデルの創出、顧客体験の向上が可能となります。
DXは単なるIT導入ではなく、組織全体の変革を伴うため、戦略的な計画と推進が求められます。
しかし、DXを推進する過程で、どの程度進んでいるのか、どこに改善の余地があるのかを評価するための指標が必要です。そこで登場するのが「DX推進指標」です。DX推進指標によって、企業は自社のDXの進捗状況を客観的に評価し、効果的な改善策を講じることができます。

第1章: DX推進指標とは?

DX推進指標の定義

DX推進指標とは、企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の進捗状況を評価するための基準です。この指標は、企業がどれだけ効果的にDX戦略を実行しているかを明確にするために用いられます。具体的な指標には、技術の導入状況、組織の変革度合い、ビジネスプロセスのデジタル化の進捗などが含まれ、企業はDX化の各段階での成功や課題を定量的に把握でき、改善策を具体的に策定することができます。

その他の国際的な定義との比較

DX推進指標は国際的にも導入されており、各国や企業によって異なる基準が存在します。例えば、欧州連合(EU)やアメリカでは、デジタル技術の普及度や企業のデジタル成熟度を評価するための独自の指標が策定されており、これらの国際的な指標と経済産業省の指標を比較することで、グローバルな視点でのDX推進状況を把握することができます。国際的な比較を通じて、自社のDX推進の強みや弱みをより明確に理解し、国際競争力を強化するための具体的な施策を講じることが可能になります。

第2章: 経済産業省によるDX推進指標

経済産業省が策定したDX推進指標の概要

経済産業省は、企業がDXを効果的に推進するための具体的な指標を策定しました。これらの指標は、企業が自らのDX推進状況を評価し、必要な改善策を講じるための基準として使用されます。経済産業省の指標は、ガバナンス、組織・人材、技術・データ、戦略・ビジネスモデルの4つの主要な分野にわたります。これにより、企業は各分野の進捗状況を詳細に評価し、全体的なDX推進の成功を目指すことができます。

制定の背景

経済産業省がDX推進指標を策定した背景には、日本企業のDX推進が進まないという現状があります。多くの企業がDXの重要性を認識しているにもかかわらず、具体的な成果を上げることができていない状況が続いており、これを解決するために、経済産業省は企業が自らのDX推進状況を評価し、改善策を講じるための具体的な指標を策定しました。この指標の導入により、企業はDX推進の進捗を客観的に評価し、効果的な改善策を実行するための道筋を明確にすることができます。

目的と意義

経済産業省のDX推進指標の目的は、企業が自らのDX推進状況を客観的に評価し、必要な改善策を講じることです。これにより、企業は効果的なDX推進を実現し、競争力を高めることができます。また、企業間でのベンチマークとしても活用され、業界全体のDX推進を促進する役割も果たします。これらの指標を用いることで、企業は自社の強みと弱みを明確に把握し、戦略的にDXを推進するための具体的な計画を立てることが可能になります。

主な指標項目とその意味

経済産業省のDX推進指標は、ガバナンス、組織・人材、技術・データ、戦略・ビジネスモデルの4つの主要な分野にわたる具体的な指標で構成されています。

  • ガバナンス: ガバナンスの指標は、企業のDX推進における経営陣の関与度や戦略の策定・実行状況を評価します。これにより、企業がどれだけDX推進に本腰を入れているかが明確になります。
  • 組織・人材: 組織・人材の指標は、DX推進に必要な人材の育成状況や組織の変革度合いを評価します。適切な人材が揃っているか、組織がDX推進に適した構造になっているかを確認することができます。
  • 技術・データ: 技術・データの指標は、デジタル技術の導入状況やデータの活用度を評価します。これにより、企業が最新の技術をどれだけ活用しているか、データを戦略的に活用できているかが明らかになります。
  • 戦略・ビジネスモデル: 戦略・ビジネスモデルの指標は、DX推進における戦略の策定状況や新しいビジネスモデルの創出度合いを評価します。これにより、企業がどれだけ戦略的にDXを推進し、新しいビジネスチャンスを創出しているかを確認することができます。

第3章:DX推進指標の活用方法

企業がDX推進指標を活用する方法

企業がDX推進指標を活用するためには、まず自己評価を行うことが重要です。自社の現状を客観的に把握し、どの部分に改善の余地があるかを明確にします。

自己評価の実施

自己評価は、経済産業省が提供する評価ツールを活用して行います。これにより、自社のDX推進状況を客観的に評価し、具体的な改善策を講じることができます。

ベンチマークと比較分析

自己評価の結果をベンチマークと比較することで、自社の強みと弱みを明確にします。これにより、他社と比較してどの部分が劣っているか、どの部分を強化すべきかがわかります。

活用事例

成功事例の紹介

例えば、ある企業はDX推進指標を活用して、DX戦略を再評価しました。その結果、デジタル技術の導入が遅れていることに気づき、迅速に改善策を実施しました。具体的には、クラウドサービスの導入やデータ分析の強化などを行い、業務効率の向上と新しいビジネスモデルの創出に成功しました。

失敗事例から学ぶポイント

一方、ある企業はDX推進指標を用いて評価を行ったものの、具体的な改善策を講じることなく、現状維持にとどまりました。その結果、競争力が低下し、市場シェアを失う事態に陥りました。この事例から学べるポイントは、評価結果を基に迅速かつ具体的な改善策を実行することの重要性です。

推進指標を用いた改善プロセスの提案

  • 1. 現状評価:DX推進指標を用いて、自社の現状を客観的に評価します。
  • 2. 目標設定:評価結果を基に、具体的な目標を設定します。
  • 3. 改善計画の策定:目標を達成するための具体的な改善計画を策定します。
  • 4. 実行とモニタリング:改善計画を実行し、定期的に進捗状況をモニタリングします。
  • 5. 再評価と改善:定期的にDX推進指標を用いて再評価を行い、必要に応じて改善策を講じます。

第4章: DX推進指標のメリット

企業にとってのメリット

DX推進指標を活用することで、企業は自社のDX推進状況を客観的に評価し、効果的な改善策を講じることができます。

  • DX推進の効果測定: 具体的な指標を用いることで、DX推進の効果を数値で測定することができます。これにより、DXプロジェクトの進捗や成果を定量的に把握し、どの施策が成功しているのか、どの部分に改善が必要なのかを明確にできます。
  • 社内外のコミュニケーション向上: 評価結果を基に、社内外でのコミュニケーションが円滑に進みます。特に、DX推進の進捗や成果を共有することで、経営陣から従業員、さらには外部のステークホルダーに至るまで、全員が同じ目標に向かって協力する意識を高めることができます。
  • リソースの最適配分: DX推進指標を活用することで、どの分野やプロジェクトにリソースを重点的に配分するべきかを明確にすることができます。これにより、無駄なリソースの浪費を避け、効率的なDX推進が可能になります。
  • 戦略的な意思決定: DX推進指標を基にしたデータドリブンのアプローチは、企業が戦略的な意思決定を行う際の重要な情報源となります。これにより、根拠のある意思決定が可能となり、DX推進の成功率を高めることができます。

社会全体にとってのメリット

  • 経済の活性化: 企業が効果的にDXを推進することで、経済全体が活性化します。具体的には、生産性の向上、新しいビジネスモデルの創出、雇用の拡大などが期待されます。これにより、国全体の競争力が向上し、グローバル市場での地位が強化されます。
  • 新しいビジネスチャンスの創出: DXにより新しいビジネスモデルが創出され、経済の成長が促進されます。デジタル技術を活用することで、新しい市場やサービスが生まれ、企業間の競争が激化する一方で、消費者にとっては選択肢が増えることになります。
  • 社会インフラの改善: DX推進は、社会インフラのデジタル化と効率化にも寄与します。例えば、スマートシティの実現、医療・教育分野のデジタル化、環境保護など、多岐にわたる分野での社会的利益が期待されます。
  • 持続可能な成長の推進: DXは持続可能な成長を実現するための重要な要素です。デジタル技術の導入により、環境負荷の軽減や効率的な資源利用が可能となり、長期的な視点での持続可能な経済成長が促進されます。

第5章: DX推進の課題と解決策

DX推進における一般的な課題

  • 組織の抵抗: 新しい技術やプロセスの導入に対する組織の抵抗が存在します。従業員は変化に対して不安を感じることが多く、既存の業務プロセスや文化に固執する傾向があります。これにより、DXの推進が遅れることがあります。
  • 技術的なハードル: 最新のデジタル技術を導入するためには、高度な技術力が必要です。多くの企業は、必要な技術力や専門知識を持つ人材を確保することが難しく、これがDX推進の大きな障壁となります。
  • コストの問題: DXの推進には、多大な初期投資が必要となることが多いです。新しい技術の導入や人材の育成にはコストがかかり、特に中小企業にとっては大きな負担となることがあります。
  • データ管理の難しさ: DXの中核となるデータの収集、管理、分析には高度なスキルが必要です。データのサイロ化やセキュリティリスクも大きな課題となります。

課題解決のためのアプローチ

  • 教育と意識向上: DXの重要性を理解させるための教育や意識向上が必要です。経営陣から従業員まで、全員がDXの意義とメリットを理解し、自発的に取り組む姿勢を持つことが重要です。研修プログラムやワークショップを通じて、デジタルスキルの向上を図ります。
  • 継続的な改善: 一度の改善で満足せず、継続的に改善策を講じることが重要です。PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルを取り入れ、定期的にDX推進の進捗を評価し、必要に応じて戦略を見直します。
  • 段階的なアプローチ: 大規模な変革を一度に行うのではなく、段階的に進めるアプローチが効果的です。小規模なプロジェクトから始め、成功事例を積み重ねることで、組織全体に変革の波及効果をもたらします。
  • 外部パートナーとの協力: 必要な技術力や専門知識を補うために、外部の専門家やパートナー企業との協力を積極的に行います。技術的なハードルを乗り越えるために、外部リソースを活用することが有効です。
  • コスト管理とROIの明確化: DX推進に伴うコストを明確にし、投資対効果(ROI)を計算することで、経営陣の理解と協力を得ることが必要となります。ROIを見える化することで、DX推進の投資が長期的に企業の競争力を高めることを示します。
  • データガバナンスの強化: データ管理の難しさを克服するために、データガバナンスを強化します。データの一元管理やアクセス権限の明確化、セキュリティ対策の徹底を図ります。また、データ分析の専門家を育成し、データ駆動型の意思決定を促進します。

まとめ

本記事では、DX推進指標の定義や経済産業省による具体的な指標について詳しく解説しました。また、これらの指標をどのように活用するか、そのメリットについても紹介しました。DX推進指標は、企業がDXを効果的に推進するための重要なツールです。これを活用することで、自社のDX推進状況を客観的に評価し、具体的な改善策を講じることができます。DX推進指標を活用して、企業はより効果的にDXを進め、競争力を高めることができます。今後も継続的に評価と改善を行い、DXの推進を加速させましょう。

解析人材育成

リテラシー講座

DX推進を内製化する上で最初の壁となる「AI・DX人材の不足」。オンライン化が前提となり、職種・役職問わず、全社員にデジタルリテラシーが求められています。講座受講により社内のリテラシーを高め、さらに現場視点のアイデアを吸い上げ収益化につなげます

簡易企業診断サービス

本格的な企業診断を通じて、企業の現状を把握できます。実態を踏まえた本質的なDX構想案の策定ができます。
※一部短期間で簡易的な企業診断(無料)もご用意

収集

CC-BizMate

勤怠管理クラウドサービスCC-BizMateは出退勤管理・勤怠管理・労務管理・工数管理・プロジェクト管理・在宅勤務・テレワーク勤務など「人事総務部門に寄り添う」サービスです!

CC-Smart

CC-Smartは、カラ予約の防止、議事録の録音、きめ細やかな通知機能など「会議のムダ」 「会議室のムダ」を省くことで生産性向上をサポートする会議予約システムです。

WebNESTEE STAMP

WebNESTEE STAMPは、書式にこだわらない出社せずにハンコ付き書類が作れるサービスです。事前に書式を準備する必要がなく、Excel、PDF、画像データを指定経路に回覧し、承認ができます。手続きや承認に時間や余計な手間をかけず、本来の仕事に集中できます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

groWiz

MS PowerPlatformサービスを用いたgroWizスタートアップ、アイデアサポート、オーダーメイド、テクニカルサポート等、ニーズに合わせたご提案をいたします。

OCVS構築支援サービス

クラウド環境向けに大幅な設計変更をすることなくクラウドリフトを実現し、Oracle Cloud Infrastructure上でこれまでと同じ操作方法のまま VMware 製品のツールを利用することができます。オンプレミスで運用しているVMwareの仮想サーバーをそのままOracle Cloud環境へ移行することも可能です。

活用・分析

CC-Dash AI

CC-Dashは、AI技術を活用したコンサルティングサービスとPoCサービスをご提供しています。
お客様のビジネス課題を解決するために、専門の技術チームがヒアリングからPoCまでの一連のプロセスをサポートいたします。

小売業向け CC-Dash AI

数多くのデータに数理的な処理を用いることで、将来の需要量、在庫量の予測が可能です。
小売業にAIを導入することにより、労働者不足問題の解消、属人化の防止、適正な在庫管理などに役立てられます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

Data Knowledge

Data Knowledgeは、30年に渡り使用されている国産のBIツールです。多彩な分析レポートで「経営の見える化」を促進し、分析ノウハウ共有機能で全社の分析レベルをアップ。データ・リテラシーの向上につながります。

BIスターターパック
by Tableau / by Oracle Analytics Cloud

Tableau は、クラウドベースの分析プラットフォームです。誰とでもデータからの発見を共有することができます。同僚やお客様を Tableau Cloud に招待し、インタラクティブなビジュアライゼーションと正確なデータを共有すれば、潜んでいるチャンスを探し出すこともできます。

CC-MicView

クラウドに経営ダッシュボードを構築し、自社およびグループ各社の経営情報を見える化。リアルタイムデータ活用によるスピード経営の実現と会議資料作成時間大幅削減!

ADB移行支援サービス

Oracle Autonomous Database(ADB)とはオラクル社の提供している高性能かつ運用負荷を限りなく軽減する自律型のデータベース・クラウド・サービスです。移行をすることで、利用時間に応じた課金体系で優れたコスト・パフォーマンスを実現します。

groWiz

リーズナブルなBIツール「PowerBI」による活用を中心としてお客さまの環境に合わせた柔軟なご提案が可能です。

保守

CC-Dashの保守サービス

BI導入後、ツールを最大限に活用することをサポートします。約25年の実績で安心と信頼の“保守サービス”。
お客様のビジネス状況に応じたQA対応~システム運用まで幅広くトータルサポートを提供し、社内のエンジニアの稼働時間を年間330時間削減!

BIサポート定額オプションサービス

せっかくBIツールを導入してもうまく活用できない。そんな方のためにユーザー利用状況分析レポート、システムヘルスチェックレポートなどを通して、安定したシステム活用を目指すサービスです

新着記事

人気記事

カテゴリー

人気タグ