企業のDX事例7選。業種別にご紹介

解析人材育成

リテラシー講座

DX推進を内製化する上で最初の壁となる「AI・DX人材の不足」。オンライン化が前提となり、職種・役職問わず、全社員にデジタルリテラシーが求められています。講座受講により社内のリテラシーを高め、さらに現場視点のアイデアを吸い上げ収益化につなげます

簡易企業診断サービス

本格的な企業診断を通じて、企業の現状を把握できます。実態を踏まえた本質的なDX構想案の策定ができます。
※一部短期間で簡易的な企業診断(無料)もご用意

収集

CC-BizMate

勤怠管理クラウドサービスCC-BizMateは出退勤管理・勤怠管理・労務管理・工数管理・プロジェクト管理・在宅勤務・テレワーク勤務など「人事総務部門に寄り添う」サービスです!

CC-Smart

CC-Smartは、カラ予約の防止、議事録の録音、きめ細やかな通知機能など「会議のムダ」 「会議室のムダ」を省くことで生産性向上をサポートする会議予約システムです。

WebNESTEE STAMP

WebNESTEE STAMPは、書式にこだわらない出社せずにハンコ付き書類が作れるサービスです。事前に書式を準備する必要がなく、Excel、PDF、画像データを指定経路に回覧し、承認ができます。手続きや承認に時間や余計な手間をかけず、本来の仕事に集中できます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

groWiz

MS PowerPlatformサービスを用いたgroWizスタートアップ、アイデアサポート、オーダーメイド、テクニカルサポート等、ニーズに合わせたご提案をいたします。

OCVS構築支援サービス

クラウド環境向けに大幅な設計変更をすることなくクラウドリフトを実現し、Oracle Cloud Infrastructure上でこれまでと同じ操作方法のまま VMware 製品のツールを利用することができます。オンプレミスで運用しているVMwareの仮想サーバーをそのままOracle Cloud環境へ移行することも可能です。

活用・分析

CC-Dash AI

CC-Dashは、AI技術を活用したコンサルティングサービスとPoCサービスをご提供しています。
お客様のビジネス課題を解決するために、専門の技術チームがヒアリングからPoCまでの一連のプロセスをサポートいたします。

小売業向け CC-Dash AI

数多くのデータに数理的な処理を用いることで、将来の需要量、在庫量の予測が可能です。
小売業にAIを導入することにより、労働者不足問題の解消、属人化の防止、適正な在庫管理などに役立てられます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

Data Knowledge

Data Knowledgeは、30年に渡り使用されている国産のBIツールです。多彩な分析レポートで「経営の見える化」を促進し、分析ノウハウ共有機能で全社の分析レベルをアップ。データ・リテラシーの向上につながります。

BIスターターパック
by Tableau / by Oracle Analytics Cloud

Tableau は、クラウドベースの分析プラットフォームです。誰とでもデータからの発見を共有することができます。同僚やお客様を Tableau Cloud に招待し、インタラクティブなビジュアライゼーションと正確なデータを共有すれば、潜んでいるチャンスを探し出すこともできます。

CC-MicView

クラウドに経営ダッシュボードを構築し、自社およびグループ各社の経営情報を見える化。リアルタイムデータ活用によるスピード経営の実現と会議資料作成時間大幅削減!

ADB移行支援サービス

Oracle Autonomous Database(ADB)とはオラクル社の提供している高性能かつ運用負荷を限りなく軽減する自律型のデータベース・クラウド・サービスです。移行をすることで、利用時間に応じた課金体系で優れたコスト・パフォーマンスを実現します。

groWiz

リーズナブルなBIツール「PowerBI」による活用を中心としてお客さまの環境に合わせた柔軟なご提案が可能です。

保守

CC-Dashの保守サービス

BI導入後、ツールを最大限に活用することをサポートします。約25年の実績で安心と信頼の“保守サービス”。
お客様のビジネス状況に応じたQA対応~システム運用まで幅広くトータルサポートを提供し、社内のエンジニアの稼働時間を年間330時間削減!

BIサポート定額オプションサービス

せっかくBIツールを導入してもうまく活用できない。そんな方のためにユーザー利用状況分析レポート、システムヘルスチェックレポートなどを通して、安定したシステム活用を目指すサービスです

はじめに
DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?
DX(デジタルトランスフォーメーション)は、デジタル技術を活用して企業のビジネスモデルや業務プロセスを根本的に変革する取り組みを指します。これにより、企業は競争力を向上させ、市場の変化に迅速に対応する能力を得ることができます。具体的には、AI、IoT、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの先進技術を駆使して、業務の自動化や効率化、データドリブンな意思決定を実現します。
デジタルトランスフォーメーション(DX)は、単なる技術の導入に留まらず、組織全体の文化や考え方を変える必要があります。これにより、デジタル技術を効果的に活用し、顧客価値を最大化することが可能となります。

DX導入の重要性
現代のビジネス環境では、DXの導入はもはや選択肢ではなく、必須の戦略となっています。以下のような理由から、企業はDXを推進する必要があります:

  • 市場競争力の向上:デジタル技術を活用することで、製品やサービスの質を高め、市場での競争優位性を確立できます。例えば、リアルタイムデータ分析を通じて顧客のニーズに即座に対応し、新たなビジネスチャンスを見出すことができます。
  • 業務効率の改善:自動化やデジタルツールの導入により、業務プロセスを効率化し、コスト削減が可能です。例えば、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を導入することで、ルーティン業務を自動化し、従業員がより価値の高い業務に集中できるようになります。
  • 顧客満足度の向上:顧客データの分析を通じて、顧客ニーズをより深く理解し、パーソナライズドなサービスを提供できます。例えば、AIを活用したチャットボットにより、24時間体制で顧客サポートを提供し、顧客満足度を向上させることができます。

目次

第1章. 製造業のDX事例

スマートファクトリーの導入

具体的な事例:トヨタ自動車の生産プロセス自動化

トヨタ自動車は、生産プロセスの自動化を通じてスマートファクトリーを実現しました。AIとIoT技術を組み合わせることで、生産ラインの効率を最大化し、リアルタイムでの品質管理を行っています。
スマートファクトリーとは、工場内のすべての機器やシステムがインターネットに接続され、データのやり取りが行われる工場のことです。これにより、生産プロセス全体の可視化が可能となり、問題発生時には即座に対応できるようになります。

導入の成果と効果

  • 生産性の向上:自動化により生産ラインの稼働率が向上し、ダウンタイムが大幅に減少しました。例えば、トヨタ自動車は、AIを活用して生産スケジュールを最適化し、無駄な時間やコストを削減しています。
  • コスト削減:人件費やエネルギーコストの削減が実現しました。例えば、自動化された生産ラインでは、少ない人員で多くの作業を効率的に行うことが可能となり、結果としてコストが削減されます。
  • 品質管理の改善:リアルタイムデータの分析により、品質トラブルを事前に検知し、対策を講じることができるようになりました。例えば、センサー技術を活用して製品の状態を常に監視し、異常が検出された場合には即座に対応することができます。

第2章. 小売業のDX事例

オムニチャネル戦略の実現

具体的な事例:セブン-イレブンのECサイトと店舗連携

セブン-イレブンは、ECサイトと実店舗を連携させたオムニチャネル戦略を導入しました。顧客がオンラインで購入した商品を店舗で受け取ることができる仕組みを構築し、顧客体験を向上させています。
オムニチャネルとは、複数のチャネル(オンライン、オフライン、モバイルなど)を統合し、顧客がどのチャネルからでもシームレスにサービスを利用できるようにする戦略です。これにより、顧客は自分の都合に合わせて購買方法を選択できるようになります。

導入の成果と効果

  • 顧客体験の向上:顧客はオンラインとオフラインの両方でシームレスな購買体験を享受できるようになりました。例えば、オンラインで商品を注文し、店舗で受け取ることで、配送待ちの時間を短縮することができます。
  • 在庫管理の効率化:全チャネルの在庫データをリアルタイムで管理することで、在庫切れや過剰在庫を防止できました。例えば、セブン-イレブンでは、店舗ごとの在庫状況を常に把握し、適切なタイミングで補充を行うことで、在庫の最適化を実現しています。
  • 売上の増加:顧客満足度の向上により、リピーターが増加し、売上が拡大しました。例えば、オムニチャネル戦略により、顧客は自分に最適な購入方法を選べるため、購買意欲が高まり、結果として売上が向上します。

第3章. 金融業のDX事例

フィンテックの導入

具体的な事例:三菱UFJ銀行のブロックチェーン技術

三菱UFJ銀行は、ブロックチェーン技術を活用して取引の透明性と信頼性を向上させました。この技術により、取引データの改ざんが難しくなり、セキュリティが強化されています。
フィンテックとは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせたもので、金融サービスをデジタル技術によって革新することを指します。ブロックチェーン技術はその一例で、分散型台帳により、全ての取引が透明かつ安全に記録されます。

導入の成果と効果

  • 取引の透明性と信頼性の向上:全ての取引がブロックチェーン上で記録されるため、改ざんのリスクが低減しました。例えば、三菱UFJ銀行は、ブロックチェーン技術を活用して、取引履歴の不正改ざんを防止し、信頼性を確保しています。
  • コスト削減:中間業者を排除することで、取引コストが削減されました。例えば、ブロックチェーン技術により、取引が直接行われるため、中間業者に支払う手数料が不要となります。
  • セキュリティ強化:ブロックチェーン技術により、サイバー攻撃への耐性が強化されました。例えば、分散型台帳技術により、一つのシステムに障害が発生しても、全体の取引データは保護され続けます。

第4章. ヘルスケア業界のDX事例

テレメディスンの普及

具体的な事例:クリニックフォアのオンライン診療

クリニックフォアは、オンライン診療を導入することで、患者が自宅から医師の診察を受けられるようにしました。これにより、患者の利便性が向上し、医療アクセスが改善されました。
テレメディスンとは、遠隔医療のことで、インターネットを通じて医療サービスを提供することを指します。これにより、患者は自宅にいながら医師と相談し、診断や治療を受けることができます。

導入の成果と効果

  • 患者アクセスの向上:遠隔地に住む患者や、移動が困難な患者でも医療サービスを利用できるようになりました。例えば、高齢者や障害者、または遠隔地に住む患者が、自宅から医療サービスを受けることができるようになりました。
  • 診療効率の改善:オンライン診療により、医師の診療スケジュールが効率化されました。例えば、クリニックフォアでは、オンライン予約システムを導入し、診療時間の無駄を削減しています。
  • コスト削減:診療所の運営コストが削減され、患者の移動コストも軽減されました。例えば、物理的な診療スペースが不要となり、患者の交通費も削減されます。

第5章. 教育業界のDX事例

ラーニングプラットフォームの開発

具体的な事例:東京大学のオンライン講義システム

東京大学は、オンライン講義システムを開発し、学生が場所を問わず授業に参加できるようにしました。このプラットフォームにより、学習の柔軟性が大幅に向上しました。
eラーニングとは、インターネットを通じて教育を提供することで、学生はどこにいても授業にアクセスできます。これにより、教育の機会が広がり、学習環境が向上します。

導入の成果と効果

  • 学習アクセスの向上:学生は自宅やカフェなど、インターネット環境があればどこでも学習できるようになりました。例えば、地方や海外に住む学生でも、東京大学の授業を受けることができるようになりました。
  • 教育コストの削減:物理的な教室の維持費や教材の印刷コストが削減されました。例えば、オンライン教材の導入により、印刷費用や物理的な教室の維持費が削減されます。
  • 教育効果の向上:学生一人ひとりに合わせた学習支援が可能になり、学習効果が向上しました。例えば、オンラインプラットフォームでは、個別の進捗管理やフィードバックが容易になり、学生の理解度を高めることができます。

第6章. 物流業界のDX事例

自動配送システムの導入

具体的な事例:ヤマト運輸のドローン配送

ヤマト運輸は、自動配送システムとしてドローンを活用し、配送の効率化と迅速化を図りました。これにより、遠隔地やアクセスが難しい地域への配送も可能になりました。
ドローン配送とは、無人航空機を用いて物資を輸送することで、特に交通インフラが整備されていない地域や災害時において有効です。

導入の成果と効果

  • 配送効率の向上:ドローンを活用することで、交通渋滞を避けた迅速な配送が実現しました。例えば、都市部の混雑した道路を回避して、短時間で配送が完了します。
  • コスト削減:ドライバーの人件費や燃料費が削減され、コスト効率が向上しました。例えば、ドローンは燃料を必要としないため、長期的な運用コストが低減されます。
  • 環境負荷の低減:ドローンによる配送は、従来のトラック配送に比べてCO2排出量が少なく、環境への負荷が軽減されました。例えば、電動ドローンを使用することで、CO2排出を大幅に削減することができます。

第7章. 不動産業界のDX事例

スマートビルディングの導入

具体的な事例:三井不動産のスマートビルプロジェクト

三井不動産は、スマートビルディングの導入を通じてビル管理とエネルギー効率の向上を図りました。IoTセンサーやAI技術を活用し、ビル内の環境をリアルタイムで監視・管理することで、入居者の快適性を高め、運営コストを削減しています。
スマートビルディングとは、建物内の各種設備をインターネットに接続し、データの収集と分析を行うことで、効率的なビル運営を実現するものです。これにより、エネルギー消費の最適化や保守の効率化が可能となります。

導入の成果と効果

  • エネルギー効率の向上:IoTセンサーを活用して、ビル内の照明や空調設備を最適に制御し、エネルギー消費を削減しました。例えば、使用状況に応じて照明を自動調整することで、無駄な電力消費を抑えています。
  • 入居者の快適性向上:AI技術により、ビル内の環境をリアルタイムで監視し、入居者のニーズに応じて快適な環境を提供しています。例えば、空調設備が入居者の動きに合わせて自動調整されるため、常に快適な室温を保つことができます。
  • 運営コストの削減:ビルの保守管理が効率化され、運営コストが削減されました。例えば、センサーによるリアルタイム監視により、設備の異常を早期に発見し、迅速に対応することで修理コストを抑えています。

第8章. DX導入の成功要因と課題

成功事例から学ぶポイント

各業界の成功事例から学べるポイントは以下の通りです:

  • 明確なビジョンと戦略:DX導入には、明確なビジョンと具体的な戦略が不可欠です。企業は、自社の課題を明確にし、それに対する解決策としてDXを位置づける必要があります。ビジョンが明確であれば、組織全体が一丸となってDXを推進することが可能です。
  • トップダウンのリーダーシップ:経営層がリーダーシップを発揮し、全社的にDXを推進することが重要です。現場の従業員も巻き込み、一体感を持って取り組むことが成功の鍵となります。例えば、経営層がDXの重要性を理解し、積極的に支援することで、プロジェクトがスムーズに進行します。
  • 適切な技術選定:自社のニーズに合った技術を選定し、適切に導入することが成功のポイントです。最新技術を導入するだけでなく、自社の業務プロセスに適したカスタマイズが重要です。例えば、導入する技術が業務効率を実際に改善できるかどうかを慎重に評価する必要があります。

DX導入時のよくある課題と対策

DX導入時には以下のような課題が発生することが多いです:

  • 従業員の抵抗:新しい技術やシステムの導入に対して従業員が抵抗を示すことがあります。この対策として、従業員に対する教育やトレーニングを充実させることが重要です。また、従業員の意見を取り入れ、現場のニーズに合わせたシステム開発を行うことが効果的です。例えば、新システムの利点を従業員に理解させるためのワークショップやトレーニングセッションを実施することが推奨されます。
  • コストの問題:DX導入には初期投資が必要ですが、長期的な視点で見た場合のコスト削減効果を強調することが必要です。導入効果を定量的に示し、経営層の理解と支持を得ることが求められます。また、補助金や助成金の活用を検討することも有効です。例えば、政府や自治体から提供されるDX支援プログラムを活用することで、初期投資の負担を軽減できます。
  • 技術の選定ミス:自社に適さない技術を導入してしまうリスクがあります。信頼できるベンダーとのパートナーシップを構築し、慎重に技術選定を行うことが重要です。また、パイロットプロジェクトを実施し、小規模での検証を経て本格導入することが推奨されます。例えば、新技術の導入前に小規模なテストを行い、その効果を評価することで、リスクを最小限に抑えることができます。

まとめ

企業におけるDX導入の未来は、今後ますます重要性を増すと考えられます。技術の進化に伴い、最新の技術を取り入れ、ビジネスモデルや業務プロセスを進化させることが求められます。DXを通じて市場競争力を維持し、多様化する顧客ニーズに応えることが重要です。
DX導入を検討している企業は、まずビジョンと戦略を明確にすることが必要です。これにより、組織全体で一丸となってDXを推進できます。また、経営層から現場の従業員まで一体感を持って取り組むことが成功の鍵となります。さらに、DX導入は継続的な改善が重要です。フィードバックを取り入れ、柔軟に対応し、持続的な成長を目指しましょう。
これらのポイントを踏まえ、企業はDXの取り組みを進めることで、持続的な成長を遂げることができます。成功事例から学び、自社に適したアプローチを見つけ、新たな成長機会を見出しましょう。

解析人材育成

リテラシー講座

DX推進を内製化する上で最初の壁となる「AI・DX人材の不足」。オンライン化が前提となり、職種・役職問わず、全社員にデジタルリテラシーが求められています。講座受講により社内のリテラシーを高め、さらに現場視点のアイデアを吸い上げ収益化につなげます

簡易企業診断サービス

本格的な企業診断を通じて、企業の現状を把握できます。実態を踏まえた本質的なDX構想案の策定ができます。
※一部短期間で簡易的な企業診断(無料)もご用意

収集

CC-BizMate

勤怠管理クラウドサービスCC-BizMateは出退勤管理・勤怠管理・労務管理・工数管理・プロジェクト管理・在宅勤務・テレワーク勤務など「人事総務部門に寄り添う」サービスです!

CC-Smart

CC-Smartは、カラ予約の防止、議事録の録音、きめ細やかな通知機能など「会議のムダ」 「会議室のムダ」を省くことで生産性向上をサポートする会議予約システムです。

WebNESTEE STAMP

WebNESTEE STAMPは、書式にこだわらない出社せずにハンコ付き書類が作れるサービスです。事前に書式を準備する必要がなく、Excel、PDF、画像データを指定経路に回覧し、承認ができます。手続きや承認に時間や余計な手間をかけず、本来の仕事に集中できます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

groWiz

MS PowerPlatformサービスを用いたgroWizスタートアップ、アイデアサポート、オーダーメイド、テクニカルサポート等、ニーズに合わせたご提案をいたします。

OCVS構築支援サービス

クラウド環境向けに大幅な設計変更をすることなくクラウドリフトを実現し、Oracle Cloud Infrastructure上でこれまでと同じ操作方法のまま VMware 製品のツールを利用することができます。オンプレミスで運用しているVMwareの仮想サーバーをそのままOracle Cloud環境へ移行することも可能です。

活用・分析

CC-Dash AI

CC-Dashは、AI技術を活用したコンサルティングサービスとPoCサービスをご提供しています。
お客様のビジネス課題を解決するために、専門の技術チームがヒアリングからPoCまでの一連のプロセスをサポートいたします。

小売業向け CC-Dash AI

数多くのデータに数理的な処理を用いることで、将来の需要量、在庫量の予測が可能です。
小売業にAIを導入することにより、労働者不足問題の解消、属人化の防止、適正な在庫管理などに役立てられます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

Data Knowledge

Data Knowledgeは、30年に渡り使用されている国産のBIツールです。多彩な分析レポートで「経営の見える化」を促進し、分析ノウハウ共有機能で全社の分析レベルをアップ。データ・リテラシーの向上につながります。

BIスターターパック
by Tableau / by Oracle Analytics Cloud

Tableau は、クラウドベースの分析プラットフォームです。誰とでもデータからの発見を共有することができます。同僚やお客様を Tableau Cloud に招待し、インタラクティブなビジュアライゼーションと正確なデータを共有すれば、潜んでいるチャンスを探し出すこともできます。

CC-MicView

クラウドに経営ダッシュボードを構築し、自社およびグループ各社の経営情報を見える化。リアルタイムデータ活用によるスピード経営の実現と会議資料作成時間大幅削減!

ADB移行支援サービス

Oracle Autonomous Database(ADB)とはオラクル社の提供している高性能かつ運用負荷を限りなく軽減する自律型のデータベース・クラウド・サービスです。移行をすることで、利用時間に応じた課金体系で優れたコスト・パフォーマンスを実現します。

groWiz

リーズナブルなBIツール「PowerBI」による活用を中心としてお客さまの環境に合わせた柔軟なご提案が可能です。

保守

CC-Dashの保守サービス

BI導入後、ツールを最大限に活用することをサポートします。約25年の実績で安心と信頼の“保守サービス”。
お客様のビジネス状況に応じたQA対応~システム運用まで幅広くトータルサポートを提供し、社内のエンジニアの稼働時間を年間330時間削減!

BIサポート定額オプションサービス

せっかくBIツールを導入してもうまく活用できない。そんな方のためにユーザー利用状況分析レポート、システムヘルスチェックレポートなどを通して、安定したシステム活用を目指すサービスです

新着記事

人気記事

カテゴリー

人気タグ