経理DXとは?導入事例などを交えて解説

解析人材育成

リテラシー講座

DX推進を内製化する上で最初の壁となる「AI・DX人材の不足」。オンライン化が前提となり、職種・役職問わず、全社員にデジタルリテラシーが求められています。講座受講により社内のリテラシーを高め、さらに現場視点のアイデアを吸い上げ収益化につなげます

簡易企業診断サービス

本格的な企業診断を通じて、企業の現状を把握できます。実態を踏まえた本質的なDX構想案の策定ができます。
※一部短期間で簡易的な企業診断(無料)もご用意

収集

CC-BizMate

勤怠管理クラウドサービスCC-BizMateは出退勤管理・勤怠管理・労務管理・工数管理・プロジェクト管理・在宅勤務・テレワーク勤務など「人事総務部門に寄り添う」サービスです!

CC-Smart

CC-Smartは、カラ予約の防止、議事録の録音、きめ細やかな通知機能など「会議のムダ」 「会議室のムダ」を省くことで生産性向上をサポートする会議予約システムです。

WebNESTEE STAMP

WebNESTEE STAMPは、書式にこだわらない出社せずにハンコ付き書類が作れるサービスです。事前に書式を準備する必要がなく、Excel、PDF、画像データを指定経路に回覧し、承認ができます。手続きや承認に時間や余計な手間をかけず、本来の仕事に集中できます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

groWiz

MS PowerPlatformサービスを用いたgroWizスタートアップ、アイデアサポート、オーダーメイド、テクニカルサポート等、ニーズに合わせたご提案をいたします。

OCVS構築支援サービス

クラウド環境向けに大幅な設計変更をすることなくクラウドリフトを実現し、Oracle Cloud Infrastructure上でこれまでと同じ操作方法のまま VMware 製品のツールを利用することができます。オンプレミスで運用しているVMwareの仮想サーバーをそのままOracle Cloud環境へ移行することも可能です。

活用・分析

CC-Dash AI

CC-Dashは、AI技術を活用したコンサルティングサービスとPoCサービスをご提供しています。
お客様のビジネス課題を解決するために、専門の技術チームがヒアリングからPoCまでの一連のプロセスをサポートいたします。

小売業向け CC-Dash AI

数多くのデータに数理的な処理を用いることで、将来の需要量、在庫量の予測が可能です。
小売業にAIを導入することにより、労働者不足問題の解消、属人化の防止、適正な在庫管理などに役立てられます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

Data Knowledge

Data Knowledgeは、30年に渡り使用されている国産のBIツールです。多彩な分析レポートで「経営の見える化」を促進し、分析ノウハウ共有機能で全社の分析レベルをアップ。データ・リテラシーの向上につながります。

BIスターターパック
by Tableau / by Oracle Analytics Cloud

Tableau は、クラウドベースの分析プラットフォームです。誰とでもデータからの発見を共有することができます。同僚やお客様を Tableau Cloud に招待し、インタラクティブなビジュアライゼーションと正確なデータを共有すれば、潜んでいるチャンスを探し出すこともできます。

CC-MicView

クラウドに経営ダッシュボードを構築し、自社およびグループ各社の経営情報を見える化。リアルタイムデータ活用によるスピード経営の実現と会議資料作成時間大幅削減!

ADB移行支援サービス

Oracle Autonomous Database(ADB)とはオラクル社の提供している高性能かつ運用負荷を限りなく軽減する自律型のデータベース・クラウド・サービスです。移行をすることで、利用時間に応じた課金体系で優れたコスト・パフォーマンスを実現します。

groWiz

リーズナブルなBIツール「PowerBI」による活用を中心としてお客さまの環境に合わせた柔軟なご提案が可能です。

保守

CC-Dashの保守サービス

BI導入後、ツールを最大限に活用することをサポートします。約25年の実績で安心と信頼の“保守サービス”。
お客様のビジネス状況に応じたQA対応~システム運用まで幅広くトータルサポートを提供し、社内のエンジニアの稼働時間を年間330時間削減!

BIサポート定額オプションサービス

せっかくBIツールを導入してもうまく活用できない。そんな方のためにユーザー利用状況分析レポート、システムヘルスチェックレポートなどを通して、安定したシステム活用を目指すサービスです

はじめに
経理DXの重要性
デジタルトランスフォーメーション(DX)は現代のビジネス環境において不可欠な要素となっています。特に経理部門におけるDX、すなわち「経理DX」は、業務効率化、コスト削減、そして迅速な経営判断のために極めて重要です。経理DXの推進により、手作業の削減や自動化が進み、より戦略的な業務に注力できるようになります。これにより、企業全体の競争力が向上し、持続的な成長が可能となります。

この記事の目的と概要
この記事では、経理DXの基本的な概念から導入事例、経理DX推進における課題とその解決策、そして経理DXの未来展望に至るまでを詳しく解説します。具体的な事例を交えながら、実際に経理DXを導入する際のポイントや成功するためのステップを紹介します。これにより、読者が経理DXの導入に関する具体的なイメージを持ち、実践に役立つ情報を提供することを目指します。

第1章. 経理DXとは?

経理DXの定義

経理DXとは、デジタル技術を活用して経理業務を革新することを指します。具体的には、紙ベースの伝票や手作業でのデータ入力を廃止し、クラウド会計ソフトやAI、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を導入することで業務の効率化を図ります。これにより、データのリアルタイム共有や分析が可能となり、経営判断の迅速化が実現します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは

DXとは、デジタル技術を用いて業務プロセスやビジネスモデルを根本的に変革し、企業の競争力を高めることを意味します。経理DXはこのDXの一環として、経理部門のデジタル化を推進し、効率的かつ効果的な業務運営を目指します。DXは単なるIT化やデジタルツールの導入にとどまらず、企業文化や組織全体の変革を伴うものです。

経理DXの背景と必要性

急速なデジタル化の進展に伴い、従来の経理業務では対応できない課題が増えています。例えば、紙ベースの伝票処理や手作業によるデータ入力では、時間がかかりエラーミスが発生しやすいという問題があります。経理DXは、これらの課題を解決し、業務の効率化と正確性を向上させるために必要です。また、リモートワークの普及により、クラウドベースでの業務管理やデータ共有が不可欠となっています。

第2章. 経理DXの導入事例

大手企業の成功事例

大手企業A社は、経理DXを通じて業務効率を劇的に向上させました。具体的には、AIを活用した経費精算システムの導入により、経費処理時間を従来の半分に短縮しました。また、クラウドベースの財務管理システムを導入し、グローバルなデータ共有とリアルタイムの財務分析が可能となりました。これにより、経営陣は迅速かつ正確な経営判断を行えるようになりました。

中小企業の導入事例

中小企業B社は、クラウド会計ソフトを導入し、リアルタイムでの経営状況の把握を可能にしました。これにより、迅速な経営判断が可能となり、業績が向上しました。さらに、RPAを活用して日常の経理業務を自動化し、人手不足の解消と業務効率の向上を実現しました。具体的には、請求書の発行や支払い処理などのルーチンワークをRPAで自動化することで、担当者の負担を軽減しました。

第3章. 経理DXがもたらすメリット

効率化と生産性の向上

経理DXにより、手作業が減り、業務の効率化が進みます。これにより、従業員は付加価値の高い業務に集中することができます。例えば、データ入力や集計作業が自動化されることで、担当者はより戦略的な業務に時間を割くことができます。これにより、全体の生産性が向上し、業務の質も向上します。

コスト削減

経理DXは、業務の自動化により人件費を削減し、またエラーミスの削減によりコスト削減にも寄与します。例えば、経費精算システムの導入により、手作業によるミスが減り、再作業のコストが削減されます。さらに、ペーパーレス化により、印刷費や保管費用も削減されます。

リアルタイムデータの活用

デジタル化されたデータは、リアルタイムでの分析が可能となり、迅速な経営判断を支援します。経営者は、最新の財務状況をリアルタイムで把握し、迅速に戦略的な意思決定を行うことができます。これにより、市場の変化に迅速に対応でき、競争力を維持することが可能です。

エラーミスの削減

自動化により、人為的なミスが減少し、データの正確性が向上します。例えば、AIを活用した監査システムにより、不正やミスを自動的に検出し、早期に対処することが可能です。これにより、コンプライアンスの向上とリスク管理の強化が図れます。

働き方改革への貢献

リモートワークやフレックスタイム制の導入が容易になり、働き方の多様化が進みます。経理DXにより、場所や時間にとらわれずに業務を遂行できる環境が整います。これにより、従業員のワークライフバランスが改善し、モチベーションと生産性が向上します。

第4章. 経理DX導入のステップ

現状分析と課題の洗い出し

まずは現状の業務プロセスを分析し、どこに課題があるのかを明確にします。現状の課題を洗い出すことで、経理DXの目的や目標を明確にすることができます。例えば、手作業が多く時間がかかる業務や、エラーミスが頻発するプロセスなどを特定します。

目標設定と戦略立案

経理DXの目的を明確にし、そのための具体的な戦略を立てます。目標設定には、業務効率化、コスト削減、データの正確性向上などが含まれます。例えば、特定の業務の処理時間を半分にすることや、エラーミスをゼロにすることを目指します。

必要なツールと技術の選定

適切なツールや技術を選びます。クラウドサービスやAI、RPAなどが主な選択肢です。導入するツールや技術は、企業の規模や業務内容に応じて選定する必要があります。例えば、小規模企業向けにはコストパフォーマンスの高いクラウド会計ソフトを、大規模企業向けにはカスタマイズ可能なERPシステムを導入するなどの戦略が考えられます。

社内の教育とトレーニング

新しいシステムを導入する前に、従業員に対する教育とトレーニングを行います。これにより、従業員が新しいシステムをスムーズに使用できるようになります。具体的には、システムの操作方法やトラブルシューティングの方法を学ぶ研修を実施します。

実行とモニタリング

計画を実行し、定期的に進捗をモニタリングし、必要に応じて調整します。モニタリングにより、経理DXの効果を測定し、改善点を見つけることができます。例えば、KPI(重要業績評価指標)を設定し、目標達成度を評価します。

第5章. 経理DX推進における課題

文化的・組織的な抵抗

新しいシステムの導入には、組織内での抵抗が生じることがあります。これを克服するためには、経営層の理解と協力が不可欠です。経営層が経理DXの重要性を認識し、積極的に推進する姿勢を示すことが重要です。また、組織全体での意識改革やコミュニケーションが求められます。

コストと予算の制約

経理DXには初期投資が必要です。このコストをどう捻出するかが課題となります。予算の確保と効果的な資金運用が求められます。例えば、ROI(投資対効果)を計算し、経理DXによる長期的なコスト削減効果を示すことで、投資の正当性を証明します。

スキルギャップと人材不足

デジタル技術を活用するためには、新しいスキルが求められます。このスキルギャップを埋めるためには、教育とトレーニングが必要です。専門知識を持つ人材の確保も重要です。例えば、データサイエンティストやRPAの専門家を採用し、チーム内でのスキルシェアリングを推進します。

セキュリティとプライバシーの問題

デジタル化に伴い、データのセキュリティとプライバシー保護が重要となります。これを適切に管理するための対策が必要です。データの漏洩や不正アクセスを防ぐためのセキュリティ対策を強化する必要があります。例えば、データ暗号化や多要素認証の導入、定期的なセキュリティ監査を実施します。

第6章. 経理DX推進の解決策

経営層のコミットメント

経営層が積極的に関与し、経理DXの推進に対する強いコミットメントを示すことが重要です。経営層のサポートがあれば、組織全体での取り組みが円滑に進みます。例えば、経営層が率先して経理DXの目標を設定し、その達成に向けた具体的なアクションプランを策定します。

社内教育とトレーニングプログラムの充実

従業員に対する教育とトレーニングプログラムを充実させ、新しいシステムの理解を深めます。これにより、従業員が新しい技術に適応しやすくなります。具体的には、定期的なトレーニングセッションやeラーニングプログラムを提供し、従業員のスキルアップを図ります。

外部パートナーとの協力

外部の専門家やコンサルタントと協力し、スムーズな導入をサポートします。外部の知識や経験を活用することで、導入の成功率が高まります。例えば、経理DXの導入経験が豊富なコンサルティング会社と提携し、プロジェクトを進めます。

小規模なパイロットプロジェクトからの開始

まずは小規模なパイロットプロジェクトから始め、成功事例を作ることで、全社的な導入をスムーズに進めます。成功事例を基に他部門への展開を進めることで、リスクを最小限に抑えられます。例えば、特定の部署やプロセスで経理DXを試験的に導入し、その成果を評価します。

セキュリティ対策の強化

データのセキュリティとプライバシー保護を徹底するための対策を講じます。最新のセキュリティ技術を導入し、定期的なセキュリティ監査を行うことが重要です。例えば、データ暗号化やアクセス制御の強化、定期的なセキュリティトレーニングを実施します。

第7章. 経理DXの未来展望

最新技術の進化とその影響

AIやブロックチェーンなどの最新技術が経理業務にどのような影響を与えるかを解説します。これらの技術は、経理DXの進化をさらに加速させる可能性があります。例えば、ブロックチェーン技術を活用することで、取引の透明性と信頼性が向上し、不正防止が強化されます。

今後の経理業務の変革

経理DXが進むことで、今後の経理業務がどのように変革されるかを展望します。従来の業務プロセスが大幅に変わり、新しいビジネスモデルが生まれる可能性があります。例えば、リアルタイムでの財務報告や予測分析が可能となり、経営戦略の精度が向上します。

経理DXが企業全体に与える影響

経理DXが企業全体の業務プロセスや経営戦略にどのような影響を与えるかを考察します。経理部門だけでなく、全社的なデジタル化が進むことで、企業全体の競争力が向上します。例えば、サプライチェーンの最適化や顧客サービスの向上が期待されます。

まとめ

経理DXの重要性を再確認することが重要です。経理DXは企業の成長と競争力向上に不可欠で、業務の効率化やコスト削減を実現し、企業全体のデジタル化を促進します。これにより、持続的な成長が期待されます。
具体的な導入事例から学ぶことで、自社に適した経理DXの導入方法を見つけられます。成功事例を参考にし、効果的な戦略を立てることが重要です。
また、経理DX推進における課題とその解決策を再確認し、実行に移すことが必要です。スキルギャップを埋める教育プログラムや、セキュリティ対策の強化などが求められます。
最後に、経理DXの導入を進めることで、企業の未来をより明るいものにできます。最新技術を活用した業務革新や新しいビジネスモデルの創出が期待されます。経理DXは企業の競争力を高め、持続的な成長を支える重要な取り組みです。

解析人材育成

リテラシー講座

DX推進を内製化する上で最初の壁となる「AI・DX人材の不足」。オンライン化が前提となり、職種・役職問わず、全社員にデジタルリテラシーが求められています。講座受講により社内のリテラシーを高め、さらに現場視点のアイデアを吸い上げ収益化につなげます

簡易企業診断サービス

本格的な企業診断を通じて、企業の現状を把握できます。実態を踏まえた本質的なDX構想案の策定ができます。
※一部短期間で簡易的な企業診断(無料)もご用意

収集

CC-BizMate

勤怠管理クラウドサービスCC-BizMateは出退勤管理・勤怠管理・労務管理・工数管理・プロジェクト管理・在宅勤務・テレワーク勤務など「人事総務部門に寄り添う」サービスです!

CC-Smart

CC-Smartは、カラ予約の防止、議事録の録音、きめ細やかな通知機能など「会議のムダ」 「会議室のムダ」を省くことで生産性向上をサポートする会議予約システムです。

WebNESTEE STAMP

WebNESTEE STAMPは、書式にこだわらない出社せずにハンコ付き書類が作れるサービスです。事前に書式を準備する必要がなく、Excel、PDF、画像データを指定経路に回覧し、承認ができます。手続きや承認に時間や余計な手間をかけず、本来の仕事に集中できます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

groWiz

MS PowerPlatformサービスを用いたgroWizスタートアップ、アイデアサポート、オーダーメイド、テクニカルサポート等、ニーズに合わせたご提案をいたします。

OCVS構築支援サービス

クラウド環境向けに大幅な設計変更をすることなくクラウドリフトを実現し、Oracle Cloud Infrastructure上でこれまでと同じ操作方法のまま VMware 製品のツールを利用することができます。オンプレミスで運用しているVMwareの仮想サーバーをそのままOracle Cloud環境へ移行することも可能です。

活用・分析

CC-Dash AI

CC-Dashは、AI技術を活用したコンサルティングサービスとPoCサービスをご提供しています。
お客様のビジネス課題を解決するために、専門の技術チームがヒアリングからPoCまでの一連のプロセスをサポートいたします。

小売業向け CC-Dash AI

数多くのデータに数理的な処理を用いることで、将来の需要量、在庫量の予測が可能です。
小売業にAIを導入することにより、労働者不足問題の解消、属人化の防止、適正な在庫管理などに役立てられます。

BIコンサルティングサービス

データ活用に向けた各種サービス、支援ツールの提供を行います。
部門別でのBIの活用方法などをご提供します。

Data Knowledge

Data Knowledgeは、30年に渡り使用されている国産のBIツールです。多彩な分析レポートで「経営の見える化」を促進し、分析ノウハウ共有機能で全社の分析レベルをアップ。データ・リテラシーの向上につながります。

BIスターターパック
by Tableau / by Oracle Analytics Cloud

Tableau は、クラウドベースの分析プラットフォームです。誰とでもデータからの発見を共有することができます。同僚やお客様を Tableau Cloud に招待し、インタラクティブなビジュアライゼーションと正確なデータを共有すれば、潜んでいるチャンスを探し出すこともできます。

CC-MicView

クラウドに経営ダッシュボードを構築し、自社およびグループ各社の経営情報を見える化。リアルタイムデータ活用によるスピード経営の実現と会議資料作成時間大幅削減!

ADB移行支援サービス

Oracle Autonomous Database(ADB)とはオラクル社の提供している高性能かつ運用負荷を限りなく軽減する自律型のデータベース・クラウド・サービスです。移行をすることで、利用時間に応じた課金体系で優れたコスト・パフォーマンスを実現します。

groWiz

リーズナブルなBIツール「PowerBI」による活用を中心としてお客さまの環境に合わせた柔軟なご提案が可能です。

保守

CC-Dashの保守サービス

BI導入後、ツールを最大限に活用することをサポートします。約25年の実績で安心と信頼の“保守サービス”。
お客様のビジネス状況に応じたQA対応~システム運用まで幅広くトータルサポートを提供し、社内のエンジニアの稼働時間を年間330時間削減!

BIサポート定額オプションサービス

せっかくBIツールを導入してもうまく活用できない。そんな方のためにユーザー利用状況分析レポート、システムヘルスチェックレポートなどを通して、安定したシステム活用を目指すサービスです

新着記事

人気記事

カテゴリー

人気タグ